今日は、今までずっと溜まりに溜まったダンボールやいらないものをすべて断捨理しました。そうしたら気持ちも心もすっきりしました。いままでずっともやもやしていたのはきっと家の中がゴタゴタだったからだと思います。それから、リサイクルショップに売ったら六百円くらいで売れました。とても嬉しかったです。少しの額ですが、塵も積もれば山となるということで貯金をしようと思いました。断捨理ということはとても良いことだと思いました。自分の扶養なものを捨てていくということは自分にとってもまわりの環境にとっても大事なことだと感じました。私の実家はとてもものにあふれていて、父と母はモノが捨てられない人なので、どんどん貯まっていってしまう人です。でも、それだと前へすすめ無いと思うので、私は一生懸命頑張ってものを捨てて行こうと思っているところです。でもなかなか実家って片付かないですよね。もう何十年と溜まりに溜まったものにあふれていて困っています。だんだんと年老いてくるとこういうことも考えなければと思う毎日です。それにしてもリサイクルショップで売れたことはあとても嬉しかったです。こちら